セックスロボットは、「性機能障害に苦しむ高齢者に使用する必要があります」

高齢者のセックスロボット

ナンシーS.ジェッカー教授は、Journal of Medical Ethicsに、若い異性愛者向けのセックスロボットの製作者に高齢者のためにより多くのことをするよう奨励する論文を発表しました。

教授によると、セックスロボットは「性機能障害」と戦うために高齢者をターゲットにする必要があるという。

ワシントン大学の生命倫理と人文科学の教授であるナンシーS.ジェッカーは、Journal of Medical Ethicsに、若くてまっすぐな男性のためのセックスロボットの製作者に高齢者のためにより多くのことをするように勧める論文を発表しました。

彼女の論文「恥ずべきことは何もない:障害のある高齢者のためのセックスロボット」ジェッカーは、若い白人男性をターゲットにしているため、現世代のセックスロボットが露骨に性差別的、人種差別的、年齢差別的であると非難した。

Tri-Cities Area Journal of Businessは、彼女の研究について、そして最も親密な体験のためにロボットを使用するというアイデアに彼女の注意を引いた理由について、ジェッカーに連絡を取りました。

彼女は次のように述べています。「私は業界に、加齢に伴う性機能障害のある顧客である年配の顧客に売り込むよう呼びかけています。」

200以上の記事と4冊の本を出版した教授にとって、高齢化と高齢化に焦点を当てているので、新しいボットの設計は寝室でほんの数分楽しいだけではありません。

代わりに、ジェッカーは、高齢者を念頭に置いてセックスロボットを製造することで、感情的なつながりと親密さを促進することで、理解の仕方を変えることができると期待しています。

「高齢者は性的欲求や性的欲求よりも保護が必要であると考える傾向があります」とジェッカーは続けた。

「喜びの原則に焦点を当てている人は、議論を短くし、それを見逃します。

「私たちは高齢化社会であり、年齢差別は深刻な問題です。素晴らしい結果は、人々の目を開いて気づくことです。」

エイジズムと高齢化人口の専門家であるジェッカーは、ワシントン大学法学部、グローバルヘルス学部、哲学部で補助教授を務めています。

彼女は南アフリカのヨハネスブルグ大学と香港中文大学生命倫理センターの客員教授であり、最近は米国生命倫理学会の理事を務めました。