ラブドールなぜ日本でそんなに人気があるのですか

日本のラブドール

ラブドールは、今後10年間でセックスロボットの登場が発表されるため、日本では年間2,000を超える売上を記録しています。日本最古の「ラブドールリアル」製造会社であるオリエントインダストリーにとって、偏見と闘い、人形にポジティブなイメージを与えることが重要です。しかし、なぜ日本人はこれらの人形をそんなに愛しているのでしょうか?

最近東京で開催された展示会で、オリエン・インダストリー社の40周年を記念して、小口淳平氏は、状況が変化しているように見えても、「ラブドールに対する偏見はまだある」と認めた。 「10,000人以上の訪問者があり、その大部分は女性でした。私たちのラブドールがとても美しいことを知っているために来たすべての年齢の人々。 「」

日本の著名な写真家である篠山紀信も、「篠山紀信が撮影したダッチワイフは現実に見えるので、とても迷惑だ」と批評家から称賛された「LOVEDOLL×SHINOYAMAKISHIN」というタイトルのラブドールの写真集を出版しました。彼らは人間のようですが、人間ではありません。生きているように見えますが、そうではありません。私たちの目がそれほど失望しているとは信じられず、私たちは誘惑され、恐れています。写真の真実は現実とは何の関係もありません。篠山紀信のレンズを通して、恐怖から魅惑へ、エロティシズムから反発へ、生命から非生命へと、私たちは信じられないほどの旅に出ました。コースター、交差空間、それは理性の領域を超えています。」

愛の人形、彼らは孤独を補います

日出ずる国では毎年2,000体以上のラブドールが販売されています。小口純平にとって、多くのバイヤーは肉体的な満足と同じくらい快適さを求めています。 「日本人はしばしば非常に年をとって生きており、多くの男性は年をとると妻を失います。 70代または80代の未亡人は孤独を感じ、もはや友達がいません。これらの男性は、気分を良くするために私たちの人形の1つを購入することができます。何度も言われているのを聞いたことがあります。 「」

しかし、このラブドールへの熱狂を説明するのは日本人の年齢と孤独だけではありません。日本の家族計画によって2月に発表された研究は、日本の夫婦のセクシュアリティの欠如が増加していることを示しています。過去1か月間にセックスをしなかったことを認めるカップルの半数以上がいます。質問された男性の35.2%にとって、職場での過労は、セックスに無関心である主な理由の1つです。女性の22.3%にとって、愛を作ることは「罰」です。

それ以来、愛の人形をリハビリしたいという東洋産業の願望と、これらの「新しい仲間」に対する日本人の関心をよりよく理解することができます。

愛の人形の価格は、基本モデルを選択するか、取り外し可能な頭と性器を備えたより複雑な人形を選択するかによって、2,000ユーロから5,500ユーロの間で異なります。 「40年前に始めたとき、顔は窓のマネキンのようでした」と小口淳平は回想します。「2001年以来、私たちは人形の製造にシリコーンを使用しています。この素材を使用し、顔を成形し、メイクアップ技術を使用することで、当初よ​​りもはるかにリアルな結果を実現しています。 「」

愛人形の子供たち、厳しい批判

しかし、東洋産業はまた、多くの批判に直面しなければなりません。彼女は子供のように見える人形を作ります。これらの人形は最大1.36mの大きさで、同社のWebサイトでは女子学生の衣装に登場しています。 「ロリコム」(日本で非常に一般的なロリータコンプレックス)は少し極端になりました。

「どの社会でも、子どもの虐待があり、日本も例外ではありません」と小口淳平は言います。「一部の人々は子どもに性的に惹かれます。それらのいくつかは私たちの製品を購入します。これは、彼らが行動を起こさないようにする方法です。ある意味、それは抑止力です。 「」

おそらく私たちの地域では受け入れられないであろう非常に日本の考え方。

ダッチワイフになるために、明確に表現されておらず、アニメ化も意図されていない「ラブドール」を作るのはなぜですか?小口さんは「ロボットは作っていない。私たちの目標は、人形を常により良くすることです。オランダでは、人形の価格を約40,000ユーロにする人工知能が組み込まれていると聞いています。普通の人には買えないもの。 「」

オリエントインダストリーは1977年に元セックスショップのオーナーによって設立されました。彼の顧客の多くがインフレータブル人形の品質の悪さに不満を持っていることに気づきました。 土屋英夫は風俗店を売却し、より持続可能な製品を作ることを目標に、オリエント産業に全資本を投資しています。 同社には現在、メイクアップアーティストやフェイススカルプターを含む26人の従業員がおり、その多くは美術学校の卒業生です。