「セックス人形は人権に値する」—専門家の衝撃的な主張

セックスリアルドール

セックス人形は衆生であり、人権に値する—学者は主張している。

ウェストミンスター大学の法学講師であるVictoriaBrooksは、セックスロボットの見方を変える必要があると述べています。

TheNextWebのために書いたビクトリアは、セックスロボットを禁止することは選択肢ではないと述べましたが、人間とロボットの関係を再考する必要があります。

昨年オーストリアで開催された技術見本市で、セックスロボットのサマンサは何度も痴漢されて「汚い」ままになり、角質のファンから2本の指が折れた。

そしてビクトリアは、サマンサの治療は、私たちがセックスロボットをどのように見るかについての大規模な倫理的問題を提起すると言います。

「はい、サマンサは機械です。しかし、これは彼女に対して破壊的に行動することが正当であるという意味ですか?

「確かに、彼女が人間の形をしているという事実は、彼女を人間のセクシュアリティが投影される表面にし、未来の人間のセクシュアリティを象徴しています。」

そしてビクトリアは、人間がロボットから性的同意を得る必要がある時が来るかもしれないと言います。

「法的に言えば、これはロボットを人間として認識しなければならないことを意味するだろう」と彼女は言った。

「私たちはこれらのロボット愛好家を私たちのイメージで作っています。私たちが「規範」の外の関係を持つことを選んだとしても、私たちは性的パートナーに親切にするかどうかを選んで選ぶべきではありません。」

最近、セックスロボットが「極寒の環境」で開発され、MPは「衝撃的で非倫理的な」AIを規制する法律の変更を要求しました。

中国のDSドールは、手頃な価格でリアルな人形を作ることで、世界のセックスロボット市場を支配することを目指しています。