大人のおもちゃから芸術作品まで:「ラブドール」メーカーは怪しげなイメージを流そうとしています

大人のおもちゃの人形

日本で最も古い「ラブドール」メーカーは、大人のおもちゃから怪しげなイメージを取り除き、代わりに芸術作品として見るように人々に勧めたいと考えています。

「今でもスティグマが残っています」と、東京を拠点とするダッチワイフメーカーのオリエントインダストリーのスポークスマンは語った。

「しかし、私たちの展示会には、男性と女性の訪問者がたくさんいました。実際、男性よりも女性の方が多かったのです」と彼は言いました。 「老いも若きも、男性も女性も、本当に幅広い人々がいました。私たちの人形の美しさの評判を聞いて来たのだと思います。柱頭を取り除きたいのです。」

オリエントインダストリーは1977年に元セックスショップのオーナーである土屋秀夫によって設立されました。土屋秀夫は、自分の店でインフレータブルラテックスのセックス人形を購入した顧客がパンクを訴えて戻ってきていることに気づきました。土屋は自分の店を売り、そのお金を使って、より耐久性のある製品を製造することを目指して自分の事業を立ち上げました。

東京都上野地区に本拠を置き、葛飾区に工場を構えるオリエントインダストリーは、現在、メイクアップアーティストやフェイススカルプターなど26人の労働者を雇用しており、その多くは美術学校の卒業生です。

人形の価格は262,440円から685,000円で、頭と性器は取り外し可能で、見た目は驚くほどリアルです。シリコンスキンは手触りが柔らかく、関節は完全に柔軟で、本物の人間の髪の毛やその他のディテールが現実の幻想をさらに肉付けします。

「会社が始まったとき、人形の顔はマネキンの顔のように見えました」とスポークスマンは言いました。 「今では顔を成形するスタッフがいて、見た目も高く評価されています。

「2001年に、私たちは人形を作るためにシリコーンを使い始めました。そうすることで、顔を成形してメイクをすることで、今まで以上にリアルに見える人形を作ることができました。より良い素材を使用することで品質を向上させることができ、それは私たちにとって大きな前進でした。」

ローリー・シモンズや篠山紀信などの著名な写真家が、同社の人形を本や展示会の主題にしました。後者は、渋谷のアツコバルーギャラリーで5月20日から6月11日に開催されたオリエントインダストリーの記念イベントで彼の作品を展示しています。

広報担当者は、アートの世界からの検証がダッチワイフに対する態度を変えるのに役立っていると信じています。

「私たちは多くの異なる顧客を獲得しています」と彼は言いました。 「セックスのために人形を買うことにしか興味がない人もいれば、写真を撮るために人形を買いたい人もいれば、持ち帰りたい人もいます。一緒に暮らすことについて書いているブログを持っている人もいます。

「多くのお客様は40歳以上ですが、20代のお客様もいます。モデルを雇うのは費用がかかる可能性があるため、写真家はモデルを写真に使用できます。また、ショップのディスプレイで使用するためにそれらを購入する顧客もいます。」

日本家族計画協会が2月に発表した調査によると、日本の夫婦のセックスレスは増加傾向にあり、半数近くが一ヶ月以上恋をしていないことを認めている。

調査した男性の記録的な35.2%は、性への無関心の最大の理由として「仕事からの疲労」を挙げ、女性の22.3%は恋愛を「面倒」と述べました。

国内では毎年推定2,000体のダッチワイフが販売されています。広報担当者は、多くのバイヤーが肉体的な満足と同じくらい快適さを求めていると信じています。

「日本の人々は一般的に長生きし、多くの老人が妻を老齢に失います」と彼は言いました。 「妻が亡くなった70代または80代の男性は孤独を感じるかもしれません。彼らは友達を失いました。

「それらの男性は、気分を良くするために私たちの人形の1つを購入するかもしれません。よく聞きます。私たちの人形はその点で役立つことがあります。」

しかし、オリエント・インダストリーは、子供に似たさまざまな人形を製造したことでも非難されています。子供のような人形は身長わずか136cmで、会社のウェブサイトで学校の体育館のギアを身に着けているように描かれています。

「どの国でも、小学生や中学生が性的虐待を受ける事件があり、日本も例外ではありません」とスポークスマンは語った。 「何人かの人々は彼らだけに性的に引き付けられます。かつてお客さんが来てくれたのですが、突然、子供に性的に惹かれるだけだと言われました。

「もちろん、あなたが本物の子供たちに危害を加えるために何かをしたなら、あなたは逮捕されるでしょう。本当の犠牲者がいるでしょう。そのため、アウトレットとして使用するために当社の製品を購入したいという人もいます。ある意味で、それは抑止力として機能できると思います。」

オリエントインダストリーは英語のウェブサイトを持っており、海外からの注文を受けています。しかし、同社はまた、性的空想のサービスで最新のテクノロジーを利用しようとしている急成長している業界との世界的な競争に直面しています。

推定300億ドル相当の「セックステクノロジー」業界の数十の企業が人工知能などの機能を備えた人形を開発していますが、広報担当者はオリエント業界が独自の道を進んで進んでいると主張しています。

「私たちのラブドールはロボットではありません」と彼は言いました。 「私たちの目標は、さらに良い人形を作ることです。 オランダに人形にAIを使っている会社があるそうですが、1体500万円くらいです。 普通の人はそれを買う余裕がありません。

「AIを使ったロボットを作り始めると、価格が上がります。 それは私たちの会社が考えていることではありません。」