MMCAのダッチワイフは論争を巻き起こす

博物館のダッチワイフ

韓国国立現代美術館で開催された韓国芸術家賞2020に出品された作品のいくつかは、ダッチワイフリアルを含むとして非難されています。

ビジュアルアーティストのチョン・ユンソクの作品は、MMCAとSBS財団が共催する韓国アーティスト賞2020の展示会の一部です。今年初めに4人のビジュアルアーティストが選ばれ、12月4日にMMCAソウル会場で作品が発表されました。

論争の中心にあるのは、2時間のドキュメンタリー映画「Tomorrow」と、ダッチワイフの製造方法と消費方法を描いた14枚の写真です。

映画の最初の部分は、セックス人形を製造する中国の工場を示しており、工場の労働者がそこで働いた経緯と従業員としての考えについてのインタビューを特集しています。ある女性は、ダッチワイフを製造することで「一種の罪悪感」を感じていると告白します。

映画の後半では、これらの人形と一緒に日本に住む千二という人物と、人間の政治体制が崩壊したため、人工知能ロボットが社会を支配すべきだと示唆する松田の物語を描いています。

展示会が公開されるとすぐに、博物館のソーシャルメディアアカウントは、ドキュメンタリー映画や写真に関して多くのコメントを受け取りました。ダッチワイフは女性の性的対象化を象徴しているとのことで、ダッチワイフの露骨な写真を表示することは不適切であるとの意見もありました。

「アーティストは、アーティストの個人的な欲求を反映した作品を展示したと思います。この作品は、アートワークというよりもセクハラのようなものだと思います」とあるコメントは述べています。美術館に作品を展示から外すよう呼びかける人もいます。

ソウル市庁の社会的距離規制の強化により、ソウルにある美術館の2つの会場が閉鎖されたため、韓国アーティスト賞2020の展示は終了しました。国立博物館のソウルと徳寿宮の会場は12月18日まで閉鎖されたままであり、他の2つの会場、京畿道の光川と北忠清州の清州はオンライン予約で訪問者を受け入れる。

批判の高まりに応えて、美術館は火曜日にソーシャルメディアでのスタンスを発表し、美術館とアーティストは作品の解釈において異なる視点を受け入れると述べました。

「私たちは作品についての継続的な論争を認識していますが、現時点で作品を撤回することは適切ではありません。芸術作品に対するさまざまな批判や意見を受け入れることは美術館の役割です」と、美術館の関係者は匿名を条件にコリアヘラルドに語った。

「観客は、主題そのものに焦点を合わせるのではなく、アーティストが作品を通して伝えようとしたメッセージにもっと焦点を合わせてくれることを願っています。」

展示会は4月4日まで開催される予定です。