ラブドールはダミーではありませんが、機能的なセックスマシーンです

なんてばかげている!なぜ今までのところ、ラブドールは単なるダミーだと思っている人がいるのでしょうか。ダメダメダメ!これら2つの間に明確な違いがあります。しかし、異なる学派はこれを異なって主張します。彼らのベンチマークポイントは、ダミー人形またはラブドールがそれぞれ人間の身体構造を模倣しているということです。これは真実です。しかし、大きな問題が残っています、それらは同じですか?

ダミーは比較レベルをはるかに下回っています。実際の人間を表す服を着た衣料品店で、どこにでも見られます。一方、ラブドールは、ダミーのより高度なバージョンです。彼らのデザインは、構造的にだけでなく、操作の観点からも、人間をより厳密に模倣しようとしています。ただし、これは一般的な見方です。より良い理解と区別のために明確な違いを考えてみましょう。

機能の違い

ラブドールとダミーの大きな特徴の1つは、機能性です。ダミーは、主にファッションディスプレイで使用される人間の構造表現です。多くの布店では、この目的のためだけにそれらを使用しています。

他の市場でも言及されているように、ダッチワイフやラブドールは非常に目的のある構造です。私たちが使用するセックスマシーンにするために、彼らの設計と製造には多くのことが費やされています。ダミーとは異なり、それらは開口部を備えています。口、肛門、および膣;男性のタイプは直立したディルドを特徴とし、彼らのコースに非常に役立ちます。最も改良されたモデル、リアルで等身大は、肉欲ゲームの全範囲を支持する多くの性的資産を備えています-フェラチオ、膣セックス、アナルファック、それをすべて挙げてください。

構造の違い

最も近い主要な差別化要因は構造です。ダッチワイフは、より大きな目的のための高度な構造です。彼らの開発の背後にあるアイデアは、何の制限もなく性的な楽しみを提供するセックスマシーンを持つことでした。人間はそうすることはできません。ほとんどの場合、途中で退屈しなければ疲れます–セックス人形は失望しません。

ラブドールリアルの場合、ダミーからそれらを分離するものは次のとおりです。

  • リアルな肌構造
  • 内部スケルトン構造
  • 可動ジョイント

これらのいずれもダミーにはありません。それらは、人間の姿を表現するために設計されたプラスチック構造です。時には、目、口、鼻などを表示する人間のような顔をしている場合もありますが、それでもダッチワイフほど現実的ではありません。時々彼らが持っているのは硬い体で、完全に黒か金髪のどちらかです。

ラブドールの体が大好き

ダッチワイフは、その構造的な見方と作り方が独特です。 TPEまたはシリコンのリアルな肌は、ユーザーエクスペリエンスにスパイスを加えます。柔軟な関節と強力な支持骨格を備えたダッチワイフは、複数の性交体位でポーズをとることができ、性的楽しみの点で最高のものを提供します。

ダッチワイフはさまざまなタイプ/モデルです

ダミーの主な用途はディスプレイであるため、モデルのバリエーションが多くなることはありません。それらのほとんどは、同じ体の色、高さ、および体のサイズの典型です。主な違いは、ダッチワイフです。ここでは、外観と使用法によって管理される幅広い選択肢を調べています。

外観の下では、他にもいくつかの印象があります。

身長:フルサイズのダッチワイフと胴体タイプがあります
人種:ここには、日本の種類、アフリカ系アメリカ人、アメリカの人形があります
ボディサイズ;大、中、大
曲線:
典型的なまたはファンタジーの愛の人形
おっぱいの違い
お尻のサイズ
男性か女性
肌タイプ:TPEまたはシリコーン

使用法は似ているかもしれません。ただし、特定のモデルに絞り込む場合は、常にいくつかの違いがあります。たとえば、ほとんどの胴体のダッチワイフには2つの開口部があります。肛門と膣;ただし、デザインに応じて3つにすることができます。

公的および私的使用

野外で行われた場合、セックスは違法であるように見えます。これも人間の行動特性の一部です。私たちは公の場でセックスをすることを決して快適に感じません–それは恥ずかしいと感じます。同様の考慮事項は、ダッチワイフの使用にも有効です。ほとんどの人は閉じた人形の後ろでそれらを使用することを好むでしょう。時々、私たちの周りの人々がその主題について物議を醸す意見を持っていることに気付いたとき、私たちはそれらを隠すことさえあります。

しかし、最近では、ダッチワイフの一般的な使用法が開発されています。さまざまな州で完全に承認されているわけではありませんが、ダッチワイフの売春宿が登場し、提供するサービスから実際のビジネスを行っています。それでも、これらのシナリオでは、囲まれたセクションの下でダッチワイフが使用されます。

これで、違いに気付くことができます。ダミーは通常、公共の使用のためのものです。多くの場合、私たちはそれらをディスプレイショップの前で見つけ、販売されているデザインを紹介します。

価格差

最後に重要なのは価格差です。ダミーの費用はいくらですか?少なくとも他のダッチワイフと比べると、それほど多くはありません。一般に、ダッチワイフは高度な構造を持っており、最終的には500ドルから3000ドル以上の高価格になります。それらの構造に使用される材料と技術の種類は、それらの主な用途は言うまでもなく、常に専門性の感覚をもたらします。

ダミーは決してこれほど特別なものではありません。プラスチック素材の基本的なデザインが特徴です。したがって、それらははるかに低いレートで販売され、購入元のディーラーによっては少なくとも50ドルを超えません。

どういうわけか、ダッチワイフは決してダミーになることはできません

上記の理由は、事実上、ダミーとダッチワイフの違いを明らかにしています。私たち全員が気付くべきことは、ダッチワイフはすでに高度なレベルにあるということです。ダッチワイフの最新作は現在、外観と特徴に焦点を当てています–彼らはどうしても人間を模倣したいと思っています。

今日、最もハイエンドなダッチワイフであるAIロボットタイプは、これから何が起こるかについての単なる洞察にすぎません。それらはすでに、温度、動き、さらには音によって記述されるさまざまな人間の模倣特性を持っています。そのような人形は、性的快楽を得るためだけでなく、それ以上のものです。今日、多くのバイヤーはそれらを会社として使用して、いくつかの言葉を唱え、リアルな動きをします。

しかし、話はまだ終わっていません。ダッチワイフをより良い状態に保つために、ますます多くの改善が進行中です。すぐに、子供を妊娠したり、父にしたりできる人さえいるかもしれません。これがどれほど可能であるかは、私たちにとって時間の問題です。