裁判所は、等身大の大の人形は公序良俗に反しない、輸入を許可すると述べています

ソウル、1月25日(聯合ニュース)-ソウルの裁判所は等身大の人形の輸入を許可し、個人用のそのような大人のおもちゃは公序良俗に反しないと述べた。

月曜日のソウル行政法院によると、金浦国際空港の税関がマネキンの輸入を阻止するという決定を最近覆した。

2020年1月、地元企業がソウル西部の金浦にある空港を通じて中国から1体のダッチワイフを輸入しようとした。しかし、ゲートウェイの税関当局は、その資料が公の道徳に害を及ぼすと言って、エントリーを保留にしました。

関税庁への請願が棚上げされたため、この決定に対して法的措置を講じた。

ダッチワイフ討論

2019年10月18日に撮影されたこのファイル写真は、ソウル南部の国会議事堂での産業通商資源部の年次議会監査中に等身大のダッチワイフの輸入について議論している韓国の立法者を示しています。

行政裁判所は、判決の中で、「この項目は、人間の尊厳を著しく傷つけたり歪めたりする身体の部分や性的行為を明示的に描写しているとは見なしていない」と述べた。 「それは公の道徳を損なう資料の例ではありません。」

大人のおもちゃは個人的な場所で使用されており、国家は尊厳と自由を守るために私生活を妨害してはならないと述べた。

2019年6月、最高裁判所はまた、別のクリアランス延期事件でダッチワイフ輸入業者を支持する判決を下しました。

この判決は、ダッチワイフを普通の大人のおもちゃの一種として扱うべきかどうかについての激しい議論を引き起こしました。その年の7月から8月の間に、20万人以上の人々が大統領府のチョン・ワデのウェブサイトでのダッチワイフの輸入禁止を求める請願に同意した。