Aiセックスロボットをコンパニオンとして使用しますか?

愛セックスロボット

ロボットはすでに電化製品を作ったり、家を掃除したり、食べ物を作ったりしていますが、今やロボットは私たちが人々と交流する方法を変えようとしています。コンパニオンセックスロボットは本質的にリアルなダッチワイフであり、複雑な動きと人間を模倣できる「ゾーン」を備えているため、遊んでみることができます。

ノエル教授は、Responsible RoboticsFoundationの会長です。彼は、代替作業は恋人のセックスロボットの潜在的な用途の1つであると述べました。その他には、「同行」が含まれます。これは、人間をリモートで快適にすることができるテクノロジーです。このテクノロジーは、市場のコンパニオンツールにすでに存在しています。セックスロボットのパートナーは、暖かさを生み出すことができる暖房やその他の機能を内蔵して、非常に現実的になります。また、外部からの接触に反応するセンサーも装備されます。

ある会社は、仲間のセックスロボットのために話したり、笑ったり、歌ったりできる頭を開発しています。その中で、アメリカンアビスによって作成された「ハーモニー」は、「感情的なつながり」を提供する最初のセックス人形であると主張しています。専門家によると、これらのプロ用ロボットは、今後10年以内に一般家庭に登場し始めるとのことです。

心理療法士のサデウス・バーチャード博士は、デイリースターとのインタビューで、次のように述べています。「一部の人々にとって、メイトセックスロボットは、人々のアルコール回避の見方を飲むようなものです。これがその背後にある心理的原則です。」

ロボットの専門家であるジョー・スネルは以前、コンパニオンセックスロボットは人々の中毒に「適応」するための準備ができて簡単な手段を提供するため、中毒性がある可能性があると主張しました。

彼は、人々が特定の個人所有者の空想を満たすために柔らかい肌のシリコーンまたはTPEのセックス人形をプログラムすることができると指摘しました。これは特別な問題です-個々の好みに合うようにセックス人形をより安くそしてより効率的にカスタマイズする能力は明らかに中毒を増加させます。この問題。