今年、セックスロボットを購入する人が増えるのはなぜですか?

セックスロボット人形

オンラインプラットフォームのYouGovは、セックスロボットに関する調査を実施しました。 今年、回答者の22%以上が、セックスロボットの購入を検討すると認めていることがわかりました。 その結果は、2007年に実施された同じ調査と比較して6%増加しています。

この6%の増加は、男性と女性のかなり等しい割合を表しています。 男性の6%全体が、ロボットとのセックスをいとわないことを明らかにしました。 一方、女性の4%が同じことを言った。

これらの数字の理由は、より若い個人がセックスを探求し、実験することをいとわないからです。 28〜34歳の人は、ロボットとセックスしようとする傾向があります。

セックスロボットとは?

セックスロボットは本質的に、人間によく似た洗練された動きのリアルな人形です。これらのセックスロボットは、プライベートな楽しみを目的としています。暖房システムを内蔵するなど、さまざまな機能を備えた超リアルな作品です。このようにして、彼らは人間の体温を模倣することができます。

さらに、セックスロボットには、所有者のタッチに反応するセンサーがあります。彼らはうめき声を上げ、話し、笑い、そして動くことさえできます。

また、ある会社では、話したり笑ったりするだけでなく、歌うこともできるセックスロボットを開発しています。一方、ハーモニーという名前のセックスロボットは、感情的なつながりを提供する最初のセックス人形です。

専門家によると、孤独な人間が愛と仲間を探しているので、これらのセックスロボットは次の10年で普通の家に現れ始めるでしょう。

ロボットとのセックスの見方

さらに、この調査では、いくつかの興味深い態度が明らかになりました。 たとえば、多くの回答者は、セックスロボットを人間と同等のものとは見なしていないと述べています。 さらに、これらの個人は、ロボットとのセックスが不正行為と見なされるとは考えていません。 彼らはまた、セックスのためにロボットを借りることが売春と見なされるという考えを信じていません。

それに加えて、人々は売春婦にお金を払うよりも安全な代替手段としてロボットとのセックスを見ているようです。 しかし、女性よりも男性の方がこの考えを支持しています。 最後に、人形やロボットとのセックスは、セックスよりもマスターベーションと同等であると考える人が増えています。

セックスロボットに対する一般の認識に変化があるのはなぜですか

セックスロボットに対する一般の認識が変わった理由はいくつかあります。

社会がセックスやダッチワイフを恥じている時代に入りました。多くの人がそのような店を非難しています。しかし今、人々はダッチワイフやセックスロボットのアイデアにもっとオープンになっています。彼らはまた、セックスについてよりオープンマインドです。

さらに、AIや人工知能と親密にやり取りするという点で、社会はより快適になっています。たとえば、Siri、Alexa、Cortanaは、すでにほとんどの家庭にとって重要な統合となっています。

それとは別に、セックス人形、セックスロボット、そしてAIセックス人形のハイブリッドに関しても進歩があります。 2007年に、人々が知っているタイプのダッチワイフは膨らませて口を大きく開けます。一方、ロボットは、鋼やワイヤーの人型のコレクションではないと見なされています。

セックスロボットを所有するのは誰ですか?

おそらく、誰もが自分のセックスロボットを持っているわけではありません。少なくともしばらくの間は。ダッチワイフが電気自動車であるように言います。今のところ、電気自動車の価格は多くの人にとって高すぎる。男女別のロボットは、最大15,000ドル、場合によってはそれ以上の費用がかかる可能性があります。

だから、セックスロボットを買う余裕がない人のために、いくつかの素晴らしい選択肢があります。現在、高度な機能を備えたシリコンとTPEのダッチワイフがあります。このような人形は、AIセックスロボットが持つ多くの利点を提供できます。唯一の違いは、それらがはるかに安価であるということです。その上、シリコンラブドールはカスタマイズ可能です。あなたは彼らの肌、目、髪の色がどうなるかを決めることができます。さらに、あなたは彼らの体型と彼らのおっぱいと後ろのサイズを選ぶことができます。

ダッチワイフについて知っておくべき事実

ダッチワイフは男性専用だと思うなら、あなたは間違っていると思いました。真実は、女性市場向けに男性のダッチワイフを製造するダッチワイフ製造会社があるということです。 LGBTQ +市場をターゲットにしたラブドールもあります。

さらに、ダッチワイフは非常に人気があるため、多くの男性が本物の女性よりも会社としてダッチワイフを好みます。実際、ミシガン州にはダッチワイフと結婚した男性がいました。彼らは合法的に結婚していません。もちろん、誰が男性と無生物の間の結婚を司式するのでしょうか?それでも、男性「デイブキャット」は彼のダッチワイフを本物の女性と妻として扱います。 TLCのMyStrangeAddictionからこの奇妙なカップルに気付くかもしれません。さらに、この男は彼が彼の仲間と呼ぶ別の人形を所有しています。

しかし、ダッチワイフは非常に高価です。 このため、誰もがそれを買う余裕があるわけではありません。 1つのラブドールは、その機能によっては数千ドルかかる場合があります。 幸いなことに、生きた人形を買うことができない人々は、それがもたらすことができる性的満足をまだ経験することができます。

今、人々がセックス人形を借りて、それが与えることができるものを体験することができるセックス人形の売春宿があります。

ダッチワイフ業界の発展に伴い、今後さらに人気が高まることは間違いありません。 それ以上に、ダッチワイフやセックスロボットが一般家庭の一般的な部分になる可能性が高いです。 これらの高価な人形に費やすことができる予算を持っている人は、きっと自分の性的満足のためにそれを買うでしょう。 言うまでもなく、ダッチワイフはここにとどまります。