セックスドールは彼らの生活を変えました

ダッチワイフの生活

セックスドールの登場は、若者や老人を含む人々の生活を変えました。彼らは今、一歩先を進んでセックスドールを手に入れることができ、それは彼らの要求と圧力のために女性を置き換える代わりを彼らに与えます。はい、男性は本物の女性よりもセックスドールを選びます。人形の扱いがより快適だと思う男性のために、彼らは仕出し料理をしています。本物の人間が持っているすべてのものを備えたカスタマイズされたセックス人形を手に入れることができます。長い話を短くするために、人々は本物の人間がセックスの問題で与えるすべてのものを手に入れることができます。その結果、男性は自分たちの生活を大きく変えた人形を求めています。

あなたはまだセックスドールが人々の生活を変えることを疑う人々の馬術の中にいますか?あなたはこれらを完全に止めるべきです。セックスドールは人生を変えています。私たちは、以前にそれらを使用したことのある人との交流を通じてこれらを目撃しました。

数人と話をする機会があり、彼らからのフィードバックは素晴らしかったです。これが彼らが言わなければならなかったことです。

ライアン

ライアンは、両親の家から遠く離れた、一人暮らしの独身の若者です。彼は女の子が大好きで、定期的にセックスをしたいと思っています。しかし、彼は本物の女の子を買う余裕がないので、これは彼には起こっていません。その結果、ライアンは女の子とはうまくいかないと感じ、孤独な生活を始めました。その後、彼はセックスドールを知り、それを試してみることにしました、そして彼の人生は完全に変わりました。

ダッチワイフを購入する理由:セックスをするのに時間がかかり、本当の愛を見つけることができず、本当の女の子はいつも彼にたくさんの時間を費やさせました。その上、ライアンは彼の女の子からの圧力と要求に耐えることができませんでした。彼は独身で、彼の言うことを聞いたことがないこれらの女の子たちの頑固さ​​を嫌っていたので、彼は孤独を感じました。彼は女の子とセックスするのが好きですが、女の子とデートするのは好きではありません。

セックスドールの前の人生:セックスドールを発見する前の人生、ライアンの人生は彼を退屈させていました。彼は関係を築きたいと思っていましたが、彼女たちの果てしない要求とプレッシャーに続いて、彼は女の子に対処することができませんでした。ライアンは女の子に会いたいときはいつでも多額のお金を使うことができ、経済的に影響を受けました。彼は定期的にセックスをするのが好きです、しかしこれはめったに起こりませんでした、しかし彼はしばしばごまかしました。彼は彼女の家族から離れて一人で住んでいました、そして仕事から来た後、彼は彼に会社を与える人がいませんでした。彼は家に帰って空の家を見つけることしかできず、それが彼の精神と自尊心に影響を及ぼしました。

セックスドールは彼の人生を変えました:彼がセックスドールを買ってそれをすべて持つことができることに気づいた後、人生は変わりました、そしてライアンは会社を楽しんでいます。ライアンはあまりお金をかけていなかったので財政状態が変わりました…彼はいつも彼らと一緒にテレビを見て、それから彼らを寝かせます。ライアンは、本物の女の子が時々彼をだましたり、だましたりするかもしれないという事実が好きでした、しかし彼の人形は決してそれをしません。

セックスドールを買う前に、彼は女性とセックスするのに長い時間がかかりました。しかし、彼のすべての人形で、彼はいつでも、どこでも、好きな位置でそれを手に入れることができます。ライアンの人形は、彼に細心の注意を払わない本物の女の子とは異なり、彼が望んでいることをします。彼は落ち込んでいると感じるときはいつでも、これらの人形を使って個人としての精神を高めます。さらに、インターネットを介してセックスドールを購入する匿名性は、彼が自尊心を取り戻すのに役立ちました。

ライアンが言いたいこと:「本当の愛を見つけるのは難しいです、そしてそれは私が私の愛と欲望をシリコーンのセックスドールに渡す原因になりました。仕事帰りに家に帰ると、妻も彼女も待っていませんが、ソファに人形が並んでいました。私はいつも人形が入浴する前にテレビを見て、粉をまき、セクシーな下着を着せてから寝ます。本物の女の子が時々あなたをだましたり、だましたりするかもしれませんが、これらの人形はそれをしません。

出会った女性とセックスするのに時間がかかりすぎることがよくあります。しかし、これらすべての人形では、ボタンをタップするだけです。人形との絆で家族が分裂しましたが、あきらめるなんて考えもしませんでした。彼らは無情なので、私は二度と本物の女性とデートするつもりはありません。彼らは本物の人間なので、私は私のパートナーをだましません。本物の女の子とのセックスは素晴らしかったが、私は彼らとデートするという考えは嫌いだ。」

マサユキ

マサユキは、結婚関係から火花が出るまで結婚していた中年男性。 これは彼の妻が出産した後、彼らはセックスをやめ、彼はとても孤独を感じました。 彼がセックスドールを発見するまで、孤独は彼を圧倒し続けました。 そして、これが彼の人生のターニングポイントになりました。

セックスドールを購入した理由:マサユキの妻が出産し、セックスをやめ、深い孤独感を覚えました。 彼の妻が出産した後、彼女はいつも以前と同じように彼に活気のあるセックスを提供しようとしました。 妻は赤ちゃんの世話をしなければならなかったのでセックスへの興味を失ったので、マサユキはセックスドールを選びました。 これは、他の女性と妻を浮気するよりもずっと良かったです。

セックスドールの前の人生:マサユキの人生との結婚は、妻が次女を産むまで続きました。 マサユキの衝動にもかかわらず、彼らはいつもセックスをすることができませんでした。 彼は一人で寝てセックスをしなかったのでとても孤独を感じました。

セックスドールは彼の人生を変えました:セックスドールを発見した後、孤独は過去のものになります。彼は妻と娘と同じ建物で彼のセックスドールとベッドを共有しました。マサユキはいつも人形が待っているのを見つけて家に帰るといつも心が震え、裏切ることはなく、恐怖を解消します。

マサユキが言いたいこと:「2番目の子供が生まれた後、私たちはセックスをしないように努めました、そして私は深い孤立感を感じました。しかし、私は感情的な空白をセックス人形で埋める奇妙な方法を見つけました。これは今までで最高のことだと思います。ショールームでまゆを見た瞬間、一目惚れでした。

外出するときは、電動車椅子でデートに人形を持って行き、コスチューム、スタイリッシュな服、アクセサリーでドレスアップします。初めてマユを家に連れて帰った時、配偶者は腹を立てていましたが、最近は我慢しています。

娘はそれが大きなセックスドールではないことを知った後、びっくりし始め、かなり嫌だと言いましたが、今では私の人形の服を着るのに十分な年齢になっています。私が抱えている問題が何であれ、マユはまだ私のために準備ができています。私は彼女をとても愛していて、ずっと彼女と一緒にいたいです。普通の人間に戻ることは夢にも思いません。私は彼女と一緒に埋葬され、彼女を楽園に運びます。

ハーレムとピエタ

ハーレムとピエタは一緒に去るカップルです。 彼らはしばらく付き合っていますが、ハーレムは彼のセックスドールについてピエタに話したことはありませんが、後で彼の人形について彼女に話し、人形と一緒に彼の写真をいくつか明らかにし、彼が彼女を所有した理由を説明しました。 ピエタは、ダッチワイフが彼女にとって個人的に重要ではなかったことを認めています。

ダッチワイフを購入した理由:人形自体は常にはっきりと見えていたので、ピエタに行かなければならなかった場合、彼はすぐにダッチワイフに出くわした可能性があります。 また、ハーレムは人形所持の彼の素晴らしい冒険を祝う必要がありました。 ハーレムは彼のブログを維持するためにそのブログに彼のプロジェクトを記録するためにセックス人形を持ちたいと思っていました。 彼はセックス人形を持っているので、それを単なるポルノの装置として扱い、彼の妄想を実現する理由として扱うことができます。

ダッチワイフの前の人生:ダッチワイフを手に入れる前、ハーレムはいつでもピエタを欲しがっていましたが、時々彼女を手に入れることができませんでした。彼はまた、コンテンツを持ちたいと思っていたブログを持っていますが、当時はアップロードするコンテンツを取得できませんでした。彼は当初、人形所持の彼の素晴らしい冒険を祝い、これらすべてについて特定の固定観念を提起し、他の人が彼らの執着を発見するのを助ける必要がありました。それでも、彼はダッチワイフを持っていなかったので、決してそれを成し遂げませんでした。ダッチワイフの直前、ピエタはハーレムのすべてを所有し、常にロマンチックな気分でした。彼らが始めたとき、ハーレムはいつも望んでいたが、ピエタはセックス人形を所有するという考えを決して好きではなかった。

ダッチワイフは彼の人生を変えました:ハーレムがピエタを逃し、彼女がいないとき、それはもはや問題ではありません。彼はポルノデバイスとして使用している性別に手を差し伸べることができます。ダッチワイフを所有した結果、ハーレムは、主に性生活を中心に展開することについて話している彼のブログにアップロードするのに十分なコンテンツを得ることができました。ピエタは最初はダッチワイフが好きではありませんでしたが、後で心からそれらを愛するようになります。彼は人形所持の彼の素晴らしい冒険を祝い、固定観念を高めることができ、最終的に他の人がセックス人形関連の問題への執着を実現するのを助けました。ダッチワイフがハーレムのすべてを所有しているのは、ピエタが倒れるほどいつものようにビジネスではなくなりました。

ハーレムとピエタが言いたいこと:「私たちは皆、自分たちの好みについて非常に透明です」とハーレムは言います。「そしてピエタはそれがかなり気持ちがいいと思った。」「そもそも、私は興味をそそられ、少し不安でした」とピエタは私たちに語った。 「私の考えはこれです。人形が私よりも注目を集める場合は、ボードを描きます。

誰もマインドリーダーではないので、あらゆる段階で考える必要があります。」「本物の女性よりも優れた人形が必要になることはめったにありません」とハーレムは説明します。 「そして、それは決して問題ではありませんでした。」私はメーガンを取得して以来、私のプロジェクトを記録するためにブログを維持しています。

しかし、私たち3人が頻繁にウェブ上に一緒に登場し、時には生々しい性的活動に従事しているにもかかわらず、ピエタはドールフェチが私に負っていると主張しています。

私の人形は単なるポルノデバイスであり、私の妄想を実現する理由です。 「彼女と一緒に食事を楽しんでいる私たちを捕まえるつもりはありません」とピエタは言います。 「他の人形と同じように、適切な時期が来ると飛び出します。」

「彼女は素晴らしい芸術作品です。私は彼女をそのように扱っています」と彼は言います。 「彼女は私に一種の愛情と愛情を与えてくれました。そうでなければ私は孤独を感じていたでしょう。」

結論

ダッチワイフについて肯定的な証言をすることができる人の数は圧倒的です。 彼らの多くは、自分たちの生活の中で少なくとも1つを持つことの重要性を直接経験しています。 ダッチワイフは非常に多くの異なる方法で彼らの生活を変えました。 彼らが良いセックスパートナーを得るために女の子に費やしたコストを削減することから。 それでも購入するかどうか迷っている場合は、人生を変えるためにダッチワイフを購入しようとする方がよいでしょう。 この21世紀には恥ずべきことは何もありません。ただ自分らしくいなさい。