パンデミックによる合成人形やセックスロボットの台頭

合成人形

パブリックミラープログラムは、セックスロボットや合成sex人形の場所にアクセスします。コロナウイルス危機により、事業は収入を増やしました。

コビッドへの恐怖は、セックスロボットの「売春宿」の顧客と合成人形の販売の増加を引き起こしました。 「クライアントは、テクスチャ、高さ、肌の色を物理的にチェックし、持ち上げることができる余分なものが含まれているかどうかを確認する可能性があります。立ち上がる能力と、手首を37度に加熱する体内加熱」とSergioAparicio氏は説明します。マネージャー兼この施設の責任者、ラグジュアリーエージェンシードールズ。

「オウムが肩にかかっているかどうかわからないので、ここに来て買いに来ます。事業開始時に捨てたので、儲からなかったので借りません。お部屋に来てくれます。一人で、またはパートナーとセックスします。」設立のマネージャーであるセルジオ・アパリシオは言います。

セルジオは、コロナウイルスのパンデミックによる予防策により顧客が増加し、とりわけ人形の販売が大幅に増加したことを確認しています。

この事業では、敷地内の部屋で「楽しむ」ことができる人形をレンタルし(価格、1時間40E、1時間半50E、2時間60ユーロ)、販売も行っています。 「従来のサイズ、高さ約1.70の人形は、メーカーによって異なりますが、1,500〜3,000ユーロの費用がかかる可能性があります。」

クアトロカミノスエリアに位置するホテルで、クライアントに部屋を借りることができます。一人で来る人もいれば、ペアで行く人もいれば、追加で人形のサービスをリクエストする人もいます。