人々は長い間本物のダッチワイフへの本当の愛を切望してきました

真の愛のダッチワイフ

人々は自分の気持ちのために安全な家を探しています。セックスドールは、人間が自分の考えや感情を自分に置くのに適した場所です。人生のどんな苦痛でも、あなたはあなたのセックスドールを言うことができます。同時に、彼女を実在の人物として扱うこともできるので、非常に繊細で美しい超リアルなセックスドールを手に入れることができます。あなたはあなたのセックスドールを食べて一緒に住んでいます、そして彼女はあなたと毎日一緒にいるので、あなたはもはや孤独を感じません。そして、あなたはあなたの心がいっぱいであると感じるでしょう。これはあなたのセックスドールの魔法ですが、実際、人間は精神的な家を探すことを決してあきらめませんでした。私はいつもセックスドールから愛と精神的な港を手に入れたいと思っていました。過去の人々がどのようにしてセックスドールに帰属意識と愛情を見いだしたか知っていますか?興味のある方は、読み続けてください。

史上初の公開されたセックスドール

オスカーココシュカ、人形を公に展示した歴史上初めて。 20世紀に生きたココシュカはかつてアルマという人形を公の場で繰り返し展示していました。彼は彼女を馬車に乗せ、一緒にオペラに行き、友達に会いました。基本的に彼が未亡人アルマと恋に落ちた日を模倣します。実在の人物アルマは彼よりずっと年上です。彼らは3年間恋に落ち、ついに別れた。ショックを受けたココシュカはこの関係を手放すことができなかったので、彼はお互いを恋しく思うためにセックスドールを作りました。ワワは寒いですが寛容です。彼女は欲望を受け入れ、そして彼女はまた狂った夢中を受け入れます。

清王朝の「中国と西洋の年代記」の早い段階で、歴史家の夏燮は西洋人の斬新な膨らませて人形を記録したと言われています。

彼は次のように書いています。「外国人は物を裸の女性、皮膚、骨、耳、目、歯、舌、陰、開口部に変えることができます。衣服のように折りたたむと、美しい女性のように柔らかくて暖かくなります。美しさのように暖められました。人間性、偶然、そして欲求不満。」西洋人はこのことを非常に早く発明しました。17世紀には、人類が海で素晴らしい発見をし、海の冒険の時代に入ったとき、船乗りは長い間海にいて、彼らの欲望を和らげることができませんでした。 、そして長い航海で「航海の女性」を運ぶでしょう。

「Mrs.Voyages」はとてもシンプルで、一般的には布、古着、綿で作られた「インフレータブルドール」です。それらは使いやすいものではありませんが、何もないよりはましです。結局のところ、それは彼らの性的欲求をうまく解決することができます。船乗りたちに、果てしなく続く空と計り知れない海に毎日直面している広大な海で精神的な避難所を見つけさせ、無数の人々に絶望をもたらします。これらのセックスドールはオランダの船乗りによって作られ、日本の日本の商人に売られました。当時の人々はこのセックスドールをオランダ人の妻と呼んでいました。

現代のダッチワイフのさらなる発展

その後、20世紀初頭、フランスの整備士が真に膨らませることができる人形を発明しました。しかし、最終的にこのことを引き継いだのはヒトラーと彼のナチス軍であったと広く信じられています。意外と。総統の連隊はかつて秘密の「ボルギルド」プロジェクトを持っていました。ナチスの兵士のために膨らませて人形を開発する計画です。国家元首は人形に対して非常に具体的な要件を定めたと言われています。「彼らはセクシーな外観、白い肌、金色の髪、青い目、そして高さ176cmの公正な女性でなければなりません。厚い。唇と大きな胸。」

「ボルギルド」プロジェクトが実際にダッチワイフを生産したかどうかについては、常に意見が分かれています。ある人は、連合軍の爆撃が当時の膨張式人形工場を破壊し、ヒトラーのダッチワイフが死ぬことを計画していたと言いました。また、戦後、ドイツ市場ではすぐに膨らませて人形を販売し始めたため、当時は一定数の人形が製造されていたに違いありません。いずれにせよ、戦後、インフレータブル人形はドイツの消費者市場に参入しました。

バービー人形の創始者であるルース・ハンドラーも、ある日ドイツを通過中にいわゆるポルノ人形を見て、子供向けのおもちゃであるバービー人形を発明しました。今日のバービー人形は世界中で売れ行きが良く、無数の人形産業を生み出しています。そして、バービーは文化的なシンボルやアメリカの人形のシンボルにさえなりました。

現代のダッチワイフは恋のさらなる飛躍を追求します

今日、日本には世界でほぼ最大のダッチワイフ工場があります。たとえば、東京の上野にあるこの工場は、有名な「東洋産業」として40年以上の歴史があります。毎年20万〜68万円のダッチワイフを数十万体生産し、世界中に販売しています。セックスと楽しさに加えて、これらの日本のダッチワイフは生きている工業芸術製品でもあり、とても美しいです。今、人々はもはや普通のダッチワイフに満足していませんが、真実を求めて努力しています。

東方産業は、ダッチワイフのトップメーカーです。このダッチワイフ工場で製造されたダッチワイフは見た目も絶妙で、人の完全な再現の真の姿をほぼ実現できます。それが植毛であろうとはっきりと見える紫色の血管であろうと、それはこれらのダッチワイフが非常に高度なダッチワイフであることを示しています。人形職人の中には、人形の指の指紋を描くことさえできる人もいます。人形の内側の指骨も、人間の現実をシミュレートする3つのセクションの指であり、高度にシミュレートされた外観を実現します。これは似たような外観です。

今日のAIテクノロジーの移植により、ダッチワイフが話すことができます。彼女は本物の外観を持っているだけでなく、これらの超リアルなロボットのセックス人形はあなたと自由に話すことさえできます。あなたが落ち込んでいると感じるとき、彼女はあなたに冗談を言い、あなたを慰め、そしてあなたに精神的な自由と満足をもたらします。ロボットのダッチワイフの現在のインテリジェント化には、まだ一定の制限があります。たとえば、ダッチワイフはすべての知性を達成できるわけではなく、特定の側面で独自の機能の1つしか達成できず、多角度および多方向の知性を達成することはできません。しかし、人々は決して探索をやめません。人々は、自分のダッチワイフが本物の人間のように自分自身に恋をし、現代人の枯れた内なる世界を慰めることができることを望んでいます。

ダッチワイフは本当に人々に精神的な栄養を感じさせます。多くの人がカスタムのダッチワイフを求めており、これらのダッチワイフの外観はパートナーとまったく同じである必要があります。幼い頃に妻を亡くした多くの高齢者は、ダッチワイフから学びたいと望んでいます。妻の影が見えました。彼の妻が復活することを可能にするために、人の老後は本当に孤独です。ただし、同じ外観のダッチワイフは、これらのグループにより心理的な快適さをもたらすことができます。ダッチワイフは、恋人がいつもそばにいるように感じさせ、精神的な救いを得ることができます。

人々は愛を追求し、実際の人々に愛を置いていましたが、これらは鍋のフラッシュのように非常に短命です。私たちは皆、物事は永続的ではないと言います、そして私たちはどちらが最初に来るか、明日か事故かを決して知りません。すべてが不確かで、愛が消え、恋人が脱線し、現代社会では非常に混乱しています。しかし、ダッチワイフは非常に良いオブジェクトです。将来的には、より多くの機能を持ち、実際の人々に完全に取って代わり、人々の精神的なニーズを完全に満たすことができます。彼女は決してあなたを離れたり、あなたをだましたりしません。あなたが知る必要があるのは、彼女があなたを心から愛してくれるということだけです。是非、あなたの完璧なダッチワイフを持ってください!彼女はあなたの魂にとって最も平和な天国になります。