結婚は以前のようにはなりません

結婚

歴史家は、石器時代に性行動を規制し、子育ての枠組みを提供するために結婚生活の最初の形態が現れたと教えています。しかし、結婚の概念はさまざまな形をとり、何世紀にもわたって進化し続けてきました。

聖書を参照すると、ソロモン王には700人の妻と300人の側室がいました。長い間、大陸に関係なく、一夫多妻制はしばしば標準でした。それはまだモルモン教徒のいるアメリカではごく最近であり、一部のイスラム教国やアフリカではまだ完全に消えていません。

古代、バビロニア人の間では、結婚は奴隷市場に似ていました。ヘロドトスは、夫婦の娘が最高入札者に売られ、そのうちの1人が買い手を見つけられなかった場合、父親は少女の美しさに無関心な男性をやる気にさせるために持参金を提供することで彼女を追い払ったと報告しています。古代ユダヤ教では、結婚も例外ではありません。少女の父親と求婚者の間で契約が結ばれ、求婚者は有料で、彼女に食事を与え、服を着せ、ベッドを尊重することに同意します。女の子は12歳から14歳の間で結婚し、男の子は通常18歳から24歳の間です。妻の不貞は死刑に処せられますが、妻は結婚契約で夫の独占を要求する可能性があります。

古代ローマのようにギリシャでは、結婚はまだ胎児を合法化し、遺産の伝達を組織するために2つの家族の間で締結された契約です。ギリシャの女性は「保護者」の権威の下にとどまります。最初は父親、次に夫です。ローマの女性は、結婚が「pater familias」との合意で締結された場合、夫の家族の権限の下で通過します。そうでない場合、彼女は父親の権限の下で維持され、彼女がより簡単に離婚できるように持参金の所有者のままです。

キリスト教はローマ法の大部分を占めていますが、1054年の分裂後、西方キリスト教徒と東方キリスト教徒を区別する2つのポイントがあります。それは、組合の不可解性と親の精査権です。前者の場合、結婚は配偶者の同意のみが必要であり、死によってのみ解散することができます。正統派の場合、結婚には両親の許可が必要であり、離婚が許可されます。しかし、西側では、プロテスタントは親の権利を認め、政治的権力はフランスのように最も頻繁にそれを課します。フランスでは、1556年にアンリ2世の勅令により、30歳未満の息子と25歳未満の娘が両親の同意を得て、これらの年齢を超えて、彼らの「アドバイスとアドバイス」を要求してください。

何世紀にもわたって、この監督された結婚は家族の安定を保証しました。配偶者間の愛は、結婚につながる主な基準とはほど遠いものです。お金、優等生、社会的地位が最初に来ます。排他的で共有された愛のロマンチックなアイデアが結婚に関連付けられ始めたのは18世紀になってからでしたが、それでもまだ西洋でしかありませんでした。世界の他の場所では、一夫多妻制が最高に君臨し、女性は自分たちの運命をほとんど制御できません。

現代の民事婚は1792年のフランス革命によって導入されました。19世紀には、民主主義の理想と自由の精神に触発されて、徐々に西部の多くに広がりました。しかし、民事婚は宗教的な結婚形態を禁止せず、時にはそれらを混ぜ合わせました。しかし、民事婚はラテン諸国で離婚の可能性を課すことに大きな困難を伴いました。

フランスでは、離婚が明確に認められたのは1884年になってからであり、また、特定の過ち(姦淫、虐待、侮辱など)を証明することを条件としていました。 1975年の民法の改正により、離婚の2つの理由が追加されるのを待つ必要があります。それは、相互の同意と、結婚の生活の性質を配偶者がいつでも終了できる契約に変える共通の生活の終了です。自然、姦淫、嫡出子の区別もなくなり、家族の長という概念もなくなります。 20世紀の最後の数十年とこの21世紀の初めに、歴史は加速し、現代の結婚を大きく変えるでしょう。

女性と男性の平等が改善している国では、より教育を受け、雇用にアクセスできる女性は、より経済的に自立するようになります。彼女は自分のアイデンティティをよりよく保つことができます。彼女はいつ結婚するかを決めることができます、または彼女は結婚しないことを選ぶことができます。カップルとしての生活に満足できない場合は、離婚することもできます。彼女は自分より若い夫を選ぶことができます。これは過去には非常にまれでしたが、彼らの約15%がそうします。

今日の女性は、自分の運命をうまくコントロールできるだけでなく、専業主婦という固定観念的な役割も果たしていません。カップルでは、​​意思決定力とタスクの両方がよりバランスの取れた方法で共有されます。以前は女性に付与されていたものが、今では男性に、またはその逆に想定することができます。男性と女性はある意味で交換可能であるか、少なくとも家族のそれぞれの責任は以前ほど明確ではありません。過去には、配偶者は補完的な役割を果たしていました。今日、彼らは特定の多様性を獲得しているため、相互依存度が低くなっています。したがって、意見の不一致や不満が生じた場合に一緒にいる必要性は低くなります。

先進国では、離婚率は国によって40〜50%の間で変動し[1]、新興国も同じ道をたどっています。 30年前の中国では、離婚率は5%未満でしたが、今日では4人に1人のカップルが離婚しています(北京、天津、広州などの大都市では3人に1人)。

性的自由と道徳の自由化により、結婚はもはや家族を始める唯一の方法ではなく、その魅力の多くを失っています。ユーロスタット[2]によると、欧州連合では、結婚率は約50年で半減しました。1965年の1000人あたり7.8人から、今日では1000人あたり約4人に減少しています。 。同じことが北米にも当てはまります。たとえば、ケベック州では、結婚率は住民1000人あたり3回にまで低下しています。ヨーロッパでは、結婚以外の出生率は40%を超え、ブルガリア、デンマーク、ノルウェー、ポルトガル、スウェーデンなど、一部の国では50%を超えています。INSEEによると、フランスは2017年に60%のしきい値を超えました。

ポーランド(嫡出子の25%未満)やトルコ(嫡出子の3%未満)など、宗教的影響力が強い国だけが結婚の衰退の現象に抵抗しています。さらに、結婚すると、多くの場合、夫婦で生活した後、ますます遅くなります。欧州連合では、国によって異なりますが、男性は平均29〜36歳、女性は26〜33歳で結婚します。古い。

過去には、平均余命は現在よりもはるかに短かった。中世の女性の平均余命は30年未満でしたが、この平均余命が35年に達したのは1800年頃でした。したがって、何世紀にもわたって、生物学的な理由から、平均結婚期間は15年を超えることはほとんどありませんでした。今日離婚する人々が大陸ヨーロッパで約15年の平均結婚期間の後に離婚することは驚くことではありません。この期間は、英国では12年、米国では8年にまで低下します。しかし、離婚に抵抗する人は長い道のりを歩むことができます。現在の記録は、ノースカロライナ州で1924年に結婚し、2011年にハーバートが亡くなるまで86年間結婚したゼルミラとハーバートフィッシャーによって保持されています。ハーバートは当時105歳で、ゼルミラは103。

より長い平均余命、男性と女性の間の慣習と平等の変化というこの文脈において、新しい形態の家族、特に混合家族とひとり親家庭が現れています。

結婚の半分以上が離婚で終わる米国では、現在、混合家族が標準となっています。それはまた、家族の半分以上を表しています。 6歳未満の子供の3人に1人は、すでに親の別居の悲劇を経験しています。 2015年のピューリサーチセンターの調査[3]によると、子供たちの46%が「伝統的な」家族に住んでおり、32%がステップファミリーに、26%がひとり親家庭(主にシングルマザー)に住んでおり、5%の子供たちが両親ではなく、祖父母などによって育てられています。

ヨーロッパでも同じ傾向が見られますが、数年の遅れやいくつかの特異性があります。たとえば、男女平等が最も進んでいるスカンジナビアでは、デンマーク人の10人に1人だけが「父親は母親ほど子供を世話する資格がない」と考えており、ノルウェーのひとり親家庭の22%は米国およびその他のヨーロッパ諸国の2倍のシングルファーザー[4]。フランスでは、10人に7人の子供が今でも伝統的な家族で両親と暮らしており、10人に2人はひとり親家庭またはその他(祖父母、施設など)に住んでおり、すでに10人に1人は混合家族に住んでいます[ 5]。しかし、特に別居後の育児の種類によっては、複数のシナリオが存在するため、混合家族の詳細な分析は困難です。子供は主に片方の親とその新しい配偶者と一緒に暮らすことができますが、再婚または一人で、もう一方の親と定期的に住むこともできます。

他の多くの特別なケースも、両親がカップルであるにもかかわらず、主に片方の親と一緒に暮らす子供として現れます。この状況は、両親が同居しないことを選択したこと、職業上の理由で引っ越したこと、または一部の移民家族では、配偶者が出身国に留まったために説明できます。

家族が西側で半世紀にわたって経験し、世界の他の場所で始まっているこの重大な変化は、まだ完了していません。

伝統的な家族モデルはもはや排他的なモデルではありませんが、家族への欲求は消えていません。現代の家族は、契約上拘束されているかどうかにかかわらず、新しい価値観とますます多様化する存在形態で豊かになっています。

最新ではあるがおそらく最後ではないのは、同性愛者、ゲイ、またはレズビアンのカップルと、少なくとも1人の親と合法的にリンクしている1人以上の子供で構成される同性愛者の家族の社会的出現です。

現在、同種親子関係は、多くのアメリカ諸国(カナダ、米国、メキシコ、アルゼンチン、ブラジル、ウルグアイなど)、南アフリカ、および連合国のほぼ半数で法的に認められています。ヨーロッパ人(ドイツ、ベルギー、デンマーク、スペイン、フランス、マルタ、オランダ、ノルウェー、スウェーデンなど)は、同性のカップルによる多かれ少なかれ広範な形態での子供の養子縁組を法律で認めています。

同性愛はまた、さまざまな状況をカバーしています。一部の同性愛者の家族は、最初の異性愛者の組合に1人以上の子供がいる同性愛者の親で構成されています。フランス)。

同性愛者の家族とその多様性を定量化するために利用できる信頼できる統計はほとんどありません。国によって異なる彼らの数は、それでもなおわずかなままですが(ほとんどの場合、家族の1%程度)、進行中の激動の中で十分に重要です。イレーヌ・テリー[6]が強調しているように、「同性カップル、特に同性の親子関係は、私たちの親族制度全体の変化の例外的な指標であることがわかります...この変化は、性的指向に関係なく、私たち全員に関係します。 。 「」

同性の子育ては、実践的および法的観点からだけでなく、倫理的および社会的観点からも、信仰に多くの疑問を投げかけています。最も心強いことは、これらの家族で行われた最初の研究では、心理的健康、知的能力、または性的指向に関して、同性愛者の家族に住む子供と異親の家族に住む子供との間に有意差がないことを示しています。子供の幸福と発達は、とりわけ夫婦と親の絆の質に依存しているようです。

より長い平均余命、男性と女性の間の慣習と平等の変化というこの文脈において、新しい形態の家族、特に混合家族とひとり親家庭が現れています。

結婚の半分以上が離婚で終わる米国では、現在、混合家族が標準となっています。それはまた、家族の半分以上を表しています。 6歳未満の子供の3人に1人は、すでに親の別居の悲劇を経験しています。 2015年のピューリサーチセンターの調査[3]によると、子供たちの46%が「伝統的な」家族に住んでおり、32%がステップファミリーに、26%がひとり親家庭(主にシングルマザー)に住んでおり、5%の子供たちが両親ではなく、祖父母などによって育てられています。

ヨーロッパでも同じ傾向が見られますが、数年の遅れやいくつかの特異性があります。たとえば、男女平等が最も進んでいるスカンジナビアでは、デンマーク人の10人に1人だけが「父親は母親ほど子供を世話する資格がない」と考えており、ノルウェーのひとり親家庭の22%は米国およびその他のヨーロッパ諸国の2倍のシングルファーザー[4]。フランスでは、10人に7人の子供が今でも伝統的な家族で両親と暮らしており、10人に2人はひとり親家庭またはその他(祖父母、施設など)に住んでおり、すでに10人に1人は混合家族に住んでいます[ 5]。しかし、特に別居後の育児の種類によっては、複数のシナリオが存在するため、混合家族の詳細な分析は困難です。子供は主に片方の親とその新しい配偶者と一緒に暮らすことができますが、再婚または一人で、もう一方の親と定期的に住むこともできます。

他の多くの特別なケースも、両親がカップルであるにもかかわらず、主に片方の親と一緒に暮らす子供として現れます。この状況は、両親が同居しないことを選択したこと、職業上の理由で引っ越したこと、または一部の移民家族では、配偶者が出身国に留まったために説明できます。

家族が西側で半世紀にわたって経験し、世界の他の場所で始まっているこの重大な変化は、まだ完了していません。

伝統的な家族モデルはもはや排他的なモデルではありませんが、家族への欲求は消えていません。現代の家族は、契約上拘束されているかどうかにかかわらず、新しい価値観とますます多様化する存在形態で豊かになっています。

最新ではあるがおそらく最後ではないのは、同性愛者、ゲイ、またはレズビアンのカップルと、少なくとも1人の親と合法的にリンクしている1人以上の子供で構成される同性愛者の家族の社会的出現です。

現在、同種親子関係は、多くのアメリカ諸国(カナダ、米国、メキシコ、アルゼンチン、ブラジル、ウルグアイなど)、南アフリカ、および連合国のほぼ半数で法的に認められています。ヨーロッパ人(ドイツ、ベルギー、デンマーク、スペイン、フランス、マルタ、オランダ、ノルウェー、スウェーデンなど)は、同性のカップルによる多かれ少なかれ広範な形態での子供の養子縁組を法律で認めています。

同性愛はまた、さまざまな状況をカバーしています。一部の同性愛者の家族は、最初の異性愛者の組合に1人以上の子供がいる同性愛者の親で構成されています。フランス)。

同性愛者の家族とその多様性を定量化するために利用できる信頼できる統計はほとんどありません。国によって異なる彼らの数は、それでもなおわずかなままですが(ほとんどの場合、家族の1%程度)、進行中の激動の中で十分に重要です。イレーヌ・テリー[6]が強調しているように、「同性カップル、特に同性の親子関係は、私たちの親族制度全体の変化の例外的な指標であることがわかります...この変化は、性的指向に関係なく、私たち全員に関係します。 。 「」

同性の子育ては、実践的および法的観点からだけでなく、倫理的および社会的観点からも、信仰に多くの疑問を投げかけています。最も心強いことは、これらの家族で行われた最初の研究では、心理的健康、知的能力、または性的指向に関して、同性愛者の家族に住む子供と異親の家族に住む子供との間に有意差がないことを示しています。子供の幸福と発達は、とりわけ夫婦と親の絆の質に依存しているようです。