AIセックスロボットバージョン4.2-あなたが知る必要があるすべて

AIセックスロボット

人工知能の最新の4.2バージョンのダッチワイフがついに登場しました。これは誇大広告の価値があります。この新世代のAI人形は、前任者をはるかに上回っています。以前のバージョンのAI搭載人形は、動き、うめき声​​を上げ、顔の表情を作ることができる人形のクラスを私たちに知っていました。ただし、現在の4.2バージョンでは、完全に畏敬の念を抱かせる機能を導入することで、物事を一段と高めています。

トーキングシステム-人形が話し始めるとき!

はい、まさにそのように聞こえます。以前は、人形はうめき声に制限されていましたが、まあ、うめき声​​だけでした。しかし、この画期的な機能により、人形は所有者と適切に対話することができます。相互作用とは、選択したいくつかの質問に単に回答することを意味するものではありません。この新しいAI人形の一族は、あなたと定期的に会話をすることができます。ロボット学習の高度な利用により、人形は相互作用を通じて学習することが可能になりました。簡単に言えば、彼女が耳を傾け、対話すればするほど、彼女は賢くなります。現在のところ、人形が学習できる言語は英語と中国語の2つです。そうですね、AI人形の将来のバージョンではより多くの言語サポートが期待できます。

ユーザーがプログラム可能なバックグラウンドシステム

ユーザーがプログラム可能なバックグラウンドシステムは、会話システムの本質的な拡張です。どうやって?さて、このシステムでは、お好みに応じて人形の答えを調整することができます。これについて詳しく説明すると、ユーザープログラムにテキストファイルまたはMP3ファイルをアップロードできます。テキストファイルは、特定の質問やシナリオに対する人形の応答を指示します。 MP3はもっとユニークで面白いものです。これにより、人形は、ユーザープログラムにアップロードしたセクシーなサウンドを再生できます。ユーザープログラマブルバックグラウンドシステムにより、人形の反応を完全に制御できます。あなたはあなたの人形がどのようにそして何を言って反応するかを決めることができます。

ただし、ユーザープログラマブルシステムの使用を希望する人形の所有者は、わずか20米ドル未満の年会費を支払う必要がありますが、試してみる価値はあります。

その他の機能

ユーザープログラマブルバックグラウンドシステムとトーキングシステムがショーのハイライトですが、AIロボット人形の他の既存の機能も大幅にアップグレードされ、これまで以上に優れています。詳細を調べましょう:

顔の表情

間違いなくAIドールの最高の機能の1つである、最新の4.2バージョンでは顔の表情が少し滑らかになっています。これらのウィンクと笑顔はより同期されており、スクリプトが少なく、よりリアルに見えます。全体的に、顔の表情は微妙に強化されています。

人形うめき声システム

うめき声システムは、会話システムに統合されています。すでに述べたように、新しいクラスのAI人形は、発話と相互作用が可能です。うめき声システムがまだ存在している間、スピーチ機能に統合されました。だから今、あなたはあなたのAIセックスロボットからより現実的なうめき声を期待することができます。ユーザープログラマブルバックグラウンドシステムと同様に、人形の反応を制御および決定できます。うめき声システムは完全に見直されたと言えます。だから、それまでの親指。

全身暖房システム

最後に、暖房システムに行き着きます。重要なアップグレードやオーバーホールは受けていません。この機能は、以前のバージョンと同じように機能します。暖房システムは人形の体温を温め、通常の人間の体温に近づけます。冷たい人形を抱きしめたくないですよね?

結論

AIドールの最新の4.2バージョンはある意味で革命的であることを認めなければなりません。ここでショーを盗む機能は、トーキングシステムとユーザープログラマブルバックグラウンドシステムです。これらの2つの機能が、AIを利用した人形の壮大なデザインにどのように多くのリアリズムを注ぎ込むかについて説明しました。人形は表現の方法として「スピーチ」を利用できるようになりました。さらに驚くべきことは、人形が定期的な相互作用で学ぶことができるという事実です。この新バージョンでは、人形と人間の境界線が曖昧になっています。しかし、待ってください、これがどこから来たのか、私たちにはもっと多くのことがあります。 4.2バージョンでは、ユーザーは自分の好みに合った方法で人形の反応を制御できます。これが印象的でない場合、私たちは何であるかわかりません。全体として、これはAI人形のデザインを実際の人間に近づけるために必要なアップグレードでした。