日本:シリコーン人形の肉体と魂

シリコーンラブドール

ついに妻との炎が消えたとき、尾崎正幸はその隙間を埋めるという異例の決断をした。彼はシリコン人形を購入し、それが彼の人生の愛になったことを誓った。

真っ白な視線にもかかわらず実物大で紛らわしいリアリズムのまゆは、妻と10代の娘も住む東京の実家でベッドを共有している。 この取り決めはひどい嵐の中で生まれました。

「妻が出産した後、私たちは恋愛をやめ、深い孤独を感じました」と、45歳の理学療法士はAFPに語った。

「雑誌の記事を読んで、展示ホールを見に行った。一目惚れだった」と、マユを車椅子に乗せ、かつらをつけ、着替え、贈る尾崎さんはため息をついた。 宝石。

「私の娘はそれが巨大なバービー人形ではないことを知ったとき、怖くて嫌なことに気づきましたが、今ではマユの服を共有するのに十分な大きさです」と彼は言います。

「彼女は人間です」

「日本の女性は心が痛い」と彼はビーチでモデルを歩きながら言います。 「彼らはとても利己的です。私の問題が何であれ、マユ、彼女はいつもそこにいます。私は彼女を狂ったように愛し、永遠に彼女と一緒にいて、彼女と一緒に埋葬されたいです。私は彼女を楽園に連れて行きたいです。」

彼のように、日本で「ラブドール」と呼ばれるそのような人形を持っている多くの男性は、彼らの中に単純な性的対象ではなく、彼らが懸念している魂を授ける存在を見ています。 。

彼らは未亡人、障害者、そして彼らの快適さを求める人々の間で人気があります。

「サオリに参加するために家に帰ったとき、私の心は激しく動いています」と、62歳の中島千二は肉体と骨のないパートナーとピクニックをしながら言った。

「私にとって彼女は人間なので、売春婦でさえ彼女をだますことは私には起こりません」と、2人の子供の父親であるこの既婚のビジネスマンは、彼を入浴させ、彼女の写真のアパートを飾り、彼女のスキーやサーフィン。

自宅でキッチュな混乱と大人のおもちゃに囲まれた43歳のブロガー、兵頭義孝は、10体以上の人形を所有しています。彼にはまた、本当の、理解しているガールフレンドがいます。

「今では、感情的なレベルでコミュニケーションをとることが重要です」と、兵士に扮した軍事オブジェクトに情熱を注ぐプラスチック製の女性について語っています。

17世紀

業界の専門家によると、日本列島では毎年約2,000体の等身大のシリコーン人形が購入されています。取り外し可能な頭と膣で、彼らは約5,300ユーロで売られています。

「+産業+ラブドールと強調されているのは、ニッチな工芸活動にすぎません」と、2016年にこの現象とその日本での歴史に本を捧げた人類学者アニエスジアールは書いています。 。

最初は1981年にそこに登場しました。2001年に柔軟なビニールとラテックスの後のシリコーンバージョン。

「1970年代の恐ろしいインフレータブル人形以来、技術は長い道のりを歩んできました」と、日本のメーカーの1つであるオリエントインダストリーのディレクターである土屋秀夫は言いました。 「彼らは今、信じられないほどリアルに見え、人間の肌に触れているように感じます。彼らは彼らとコミュニケーションをとることができると感じているので、ますます多くの男性がそれらを購入しています。」

17世紀から、アニエスジアールが引用した日本の小説では、男性は、運命が彼らを引き離した最愛の人をイメージして、職人に人形を注文します。愛情によって、これらの複製は生き返ることになります。

詩的な訛りのあるこれらの感動的な物語から遠く離れて、尾崎氏の妻である里穂は、夫の部屋を占める人工的な存在を考えないように一生懸命に努力します。 「家事に満足している」と彼女は涙を浮かべて「夕食、掃除、洗濯」と言った。