本物のラブドールについての興味深い事実

本当のラブドール

本物のダッチワイフは、首筋で大人のおもちゃ業界を席巻しました。 それらは非常に人気があり、大人のおもちゃに関連していた以前のすべての傾向を打ち破ります。 本物のダッチワイフが過去のこれらのものの見方に大きな変化をもたらしたので、彼らは大人のおもちゃという用語の周りの汚名を取り除きました。

一部の人々にとって、それはセックス以上のものです

これらの本物のダッチワイフを所有している顧客の多くは、彼らとの深い感情的なつながりと愛着を育んでいます。人々が元に戻るためのサポートシステムを持っているので、感情的に挑戦することは特に役立ちます。彼らはまた、ユーザーを判断しない完璧な仲間であることが証明されています。

すべての本物のダッチワイフが同じではありません

本物の人形は、人間と同じように多様性を提供します。ビニールで作られた膨脹可能なブローアップ人形もあれば、洗練された強化されたシリコーンとTPE材料を使用して作られた人形もあります。曲げることができ、さまざまな部品が取り外し可能で、掃除が簡単なため、非常に高度です。一部には、本物の人間の肌の感触を与える内部加熱システムがあります。

リアルセックス人形の売春宿は日本のものです

日本には、本物の女性の代わりに肉欲の喜びを与えるこれらの本物のダッチワイフを持っているさまざまな売春宿があります。これらのリアルなダッチワイフは適切に維持されており、人々はこれらの人形との恋愛セッションを楽しむために多額のお金を払っています。

アメリカの物語

アメリカ合衆国のミシガン州に住む男性は、3体の本物のダッチワイフを持っています。 「デイブキャット」のハンドルを持っている男性は、彼はそのうちの1人と結婚しており、他の2人は彼の愛人であると言います。彼は最初の人形と結婚し、彼女を「シドレクロネコ」と名付け、他の2人はムリエルとエレナとして知られていると言いました。ムリエルとエレナはおそらく彼の愛人です。

最も多くの人形を所有している英国のカップル

英国のボブとリジーは、おそらくこれらの本物のダッチワイフの最大のコレクションを持っています。彼らはこれらのloveindollを240個所有しており、セックスに使用することはないと言っています。彼らは、これらの人形を使ってさまざまな活動をしているので、家をもっと楽しくするためだけのものだと言いました。

失恋した男性は本物のダッチワイフをカスタマイズすることで知られています

調査によると、失恋した男性は通常、ダッチワイフをカスタマイズする男性です。彼らは彼らが彼らの失われた愛する人に似るように彼らの人形をカスタマイズします、そしてそれで彼らはこのように彼らに満足を見いだします。

バービーはドイツのダッチワイフをモデルにしています

「リリ」ドイツの漫画ベースの人形は、悪名高いバービー人形の作成の背後にあるインスピレーションでした。

アメリカで本物のダッチワイフとセックスすることは違法です
フロリダの住人であるジョージは、2008年に公園で2体の膨らませて人形を使ってわいせつなことをしようとして逮捕されたとき、困難な方法でそれを発見しました。

東ヨーロッパ人とその人形

東ヨーロッパ人は、水泳大会で本物のダッチワイフを使うのが好きなようです。リトアニアでは、男性の建国記念日には、ダッチワイフをいかだとして使用するレースが行われます。ロシア人はまた、バブルババチャレンジとして知られるイベントを企画していました。このイベントでは、男性がこれらの本物のダッチワイフに乗って川を急降下しました。健康と安全への懸念の中で、2013年に競争は中止されました。

本物のダッチワイフが一番好きな国や都市

フィリピンがトップで、オーストラリアとアメリカがそれぞれ2位と3位です。シドニーとメルボルンの人々がトップになり、LAとシカゴが2番目のスポットに近づいています。

したがって、ダッチワイフは人々に満足だけでなく、基本的に私たち人間が目指している幸福も提供していると結論付けることができます。