ラブドールはファッション業界の未来ですか?

ラブドールの小売業者に対する珍しい要求がブームになっているため、ラブドールはファッション業界の未来になる可能性があります。

ダッチワイフファッション

思いがけない場所でのラブドール

COVID-19の発生の結果として、ファッション業界と写真業界の両方が新しい変化をもたらしているため、世界をリードするラブドール会社は、クリエイティブセクターのモデルからのリアルなモデルの需要が急増していると報告しています。リアルなラブドールのデザインと製造を専門とする米国とヨーロッパの企業であるSexDoll Genieは、無性化されたファッションと写真のモデルの注文が昨年3月から約400%増加したと報告しています。

ラブドールサプライヤー

2020年、家族経営のビジネスでは、社会的距離のある注文に続いて注文が急増し、2月から3月の間に独身男性の関心が51.6%上昇し、同期間に独身女性の関心が15.8%上昇しました。しかし現在、テクノロジー企業は別の成長傾向を特定しています。今回は、販促目的で使用されるファッションモデルです。

COVID-19の発生時に、多くの業界の企業がオンラインで事業を移転できるという幸運な立場にありますが、対面活動に依存するセクターは、ファッションや写真など、社会的に距離のある新しい風景をナビゲートするのに依然として苦労しています。大きな影響を受けました。ラブドールサプライヤーからの洞察は、ラブドールが非常に効果的な解決策であることが証明される可能性があり、ファッションの将来に大きな役割を果たす可能性があることを示唆しています。

高度な技術

ラブドール技術がますます洗練されるにつれて、複数の異なる業界で製品を使用するための多くの新しい機会がすでに生じていました。パンデミックはこの拡大を加速させるように設定されており、写真家、ファッションブランド、その他のクリエイティブは、本物そっくりのラブドールをモデルとしてプロモーションイベントや写真撮影に組み込むことができます。

ラブドールのサプライヤーはリアリズムを専門としており、頑丈な金属製の土台の上に高品質のTPEと医療用シリコンを使用して、本物とほとんど区別がつかないリアルなモデルを設計および作成しています。ダッチワイフは、1960年代に米国で最初に導入されたコメディーのインフレータブルモデルのように見えるという評判がまだあるかもしれませんが、実際には、ラブドール業界は60年で長い道のりを歩んできました。

セックス以上のもの

「名前にもかかわらず、ダッチワイフは単なるセックス以上のものであることを私たちは長い間知っていました。それらは本質的に人間の存在であり、人間の存在が必要であるが実用的ではない幅広い状況に価値をもたらすことができます」と、夫のアミットと一緒にセックスドールジニーを設立したジャネットスティーブンソンは言います。 「これはパンデミックの際にますます見られるものであり、人形の用途が他のさまざまな分野に広がり、私たちが本当に情熱を注いでいることに積極的に取り組むのに役立つことを嬉しく思います。」

モデリング業界は間違いなく世界的な健康危機の影響を大きく受けています。一部の機関はデジタルキャットウォークでモデルの仕事を見つけましたが、他の機関はCOVIDに安全で、社会的に距離のあるヘアメイクサービスの代替案を特定するのに苦労しており、多くの仕事に必要な外観を作成するのが困難でした。また、パンデミックにより旅行が広範囲に停止し、モデルが仕事のために旅行することが困難になっています。リアルラブドールは非常に効果的なソリューションとして浮上しており、ファッション会社や写真会社が困難な時期に業務と収益を維持するのに役立ちます。

代替用途

セックス以外の目的でのダッチワイフのアイデアは、以前にイーロンマスクに連絡を取り、宇宙での孤独と交際を研究するために人形の使用を提案した夫婦チームにとって、確かに新しいことではありません。 「16世紀にスペインとフランスの船員が使用したように、ダッチワイフがその起源に戻り、セックス自体からますます分離され、社会的存在感を生み出し、交際のために使用されるのを見るのは非常に興味深いことです。長く孤立した航海」と元航空宇宙エンジニアのアミット・スティーブンソンは言います。