Covid-19の封鎖がダッチワイフブームを引き起こした

Covid-19 セックスドール

あなたの仕事やライフスタイルに関係なく、Covid-19は私たちの日常生活を混乱させてきました。その後、学校は閉鎖され、スポーツイベントは保留になりました。また、一部のイベントは再開されていますが、空のスタジアムやしっかりとした衛生対策など、すべて厳しい規制が適用されています。

それ以来、世界中の政府は、経済を緩和し、景気後退を回避するための政策を策定してきました。メンタルヘルスを高めるための努力は最小限ですが、人々は自分たちで主導権を握っているようです。世界中のダッチワイフベンダーによると、世界保健機関(WHO)がウイルスをパンデミックとして分類して以来、ドリームドールの需要は急増しています。

史上最高のダッチワイフやセックスアパレルの販売で、より多くの人々が船を飛び越えています。急増は、孤独を抑える上でのダッチワイフの重要性を強調しています。特に、封鎖制限によって家族や友人が分離された今ではなおさらです。

さらに、ダッチワイフの突然の需要により、セクシュアリティと人間関係の専門家が非常に重要になっています。このような時期に、詐欺師は初めてのダッチワイフの購入者を標的にし、適切な情報にアクセスすることで、ひどくエキサイティングな初めてのダッチワイフの使用経験に大きな違いをもたらすことができます。 My Sex ToyGuideのTimLarsonは、セックスドールに大きな関心を寄せており、何百人もの人々がセックスドールの使用に関するアドバイスをメールで送っています。

ウェイクアップコール

最近のインタビューで、ティムはその種の最初のものとしてサージを吹き替えました。 「米国で最初の症例が発表されるとすぐに、人々は手を差し伸べ始めました。問い合わせが増え始め、パンデミックの至る所で続いています。人々は、ダッチワイフの使い方や一緒に暮らす方法についてもっと知りたがっていました。」

「より多くの人々が真実の情報とセックスドールのレビューを探していたため、当社のWebサイトへのアクセス数は3倍になりました。最初は突然の問い合わせの急増にどう対応するかわかりませんでしたが、すぐにコツをつかみました。」

ティムによると、問い合わせのほとんどは初めてのダッチワイフユーザーからのものでした。当初はこのテーマについて「未定」だった人々が、今ではそれを体験する準備ができています。 「私たちが受け取った質問のほとんどは、初心者が知りたいことと一致しています。使用、メンテナンス、身だしなみから、人口の大部分が最終的にスロットルを体験する準備をしていることは間違いありませんでした。」

シングルとカップルも同様

多くの人にとって、ダッチワイフは「より健康的に」ナッツをつぶそうとしている独身者のための予備です。しかし、それはこれらのエキサイティングな人形ができることから遠く離れることはできませんでした。ティムは、ダッチワイフは独身の若者と同じように夫婦にとっても機知に富んでいると言います。実際、推薦リクエストの多くは夫婦からのものです。 「夫が妻を驚かせたかったのか、両方のパートナーが性生活を盛り上げようとしていたのか。」

そして、ダッチワイフを買うカップルは業界では新しいことではありませんが、ティムはパンデミックが数を増幅しただけだと強調しています。 「シングルもカップルも、一人で家に閉じ込められたくありませんでした。そして、厳格な移動制限により、彼らのほとんどはセックス人形が非常に有用であると感じました。それはこれらの快楽の女神がどれほどダイナミックであることができるかを示すだけです。」

ティムはまた、パンデミックとダッチワイフへの関心が私の大人のおもちゃガイドの家族を惜しまなかったことを指摘しました。 「私の素敵な妻サンドラから、上級編集者のレイチェル、そしてLGBTQの寄稿者であるシェインまで、私たちは皆、働くように呼ばれてきました。それは私たち全員にとって新しい経験でしたが、私たちは新しいノーマルを所有することに満足しています。とにかく、私たちの目標は、読者の性生活を改善するための行動を知らせ、関与させ、刺激することでした。」

ニューノーマルを受け入れる

他のビジネスと同様に、私の大人のおもちゃガイドは新しい通常に適応しなければなりませんでした。かなり魅力的なファミリーガイによると、彼らは読者が常に最新であることを保証するために作家を含む新しい顔を持ち込む必要がありました。 「パンデミックは、ダッチワイフ業界における導管としての私たちの重要性を強調しており、ゲームのトップに留まることがこれまで以上に重要になっています」と彼は始めます。

「私たちは、読者とより効率的に関わるための新しい戦略を開発しながら、需要に追いつくためにいくつかの新しい顔をもたらしました。迅速で効果的な情報配信の重要性を理解しており、課題に関係なく一貫したフローを維持するよう努めています。」